屋根が価値を持つ時代

太陽光発電が普及してくる時代になると、建物の上側というものが改めて価値を持つ時代になってきました。

 

というのも、一般の家庭やビルで太陽光発電を行うようになれば、その建物の上側に太陽光パネル(ソーラーパネル)を設置して、日照のある昼の時間帯に発電を行うということになります。

 

このために、洗濯物の干し場や日光浴のための場所、などといった従来からも行われてきた屋上の活用法を除けば、一般家庭の屋根やビルの屋上といった建物の上の部分というものが、新たな利用価値を有するようになったとも言えるからです。

 

従来ならば、建物の上側の部分というものは、雨や風が吹き込むのを防ぐということにそのいちばんの目的があったと言えるわけですが、そこを太陽光による発電のために利用できるようになったことで、建物の上部がより積極的な価値を持つようになったわけなのです。

 

このことをビジネスの視点から考えてみるならば、太陽光パネルの設置場所として貸し出すことのできる場所、という賃貸物件になったとも言えるわけです。

 

特に、大きな屋上面積を有している大型のビルを所有している企業などにとっては、その屋上部分を太陽光パネルの設置場所として賃貸できる、という本業以外の収益を生む事業にできる資産価値を有するもの、になってくるのではないでしょうか。

 

Comments are closed.