賃料の相場はどれくらい?

所有している建物の屋根を発電事業者に提供することで、発電事業者からの賃料を受け取ることが出来ます。

 

屋根を貸して得られる金額は屋根の広さや日照状況などの要素にも依りますが、1kWあたり年間で1000円〜3000円程度となっています。そのため、10kWの発電能力がある設備を導入するケースでも、年間でわずか数万円しか受け取ることが出来ません。

 

これは太陽光発電設備の導入にかかる初期費用と運用中のメンテナンス費用、発電事業者の利益、事業環境に関するリスク対策費用を差し引いた上で支払い金額が決定されているためです。事業環境に関するリスクとは、太陽光発電設備を設置した建物の周辺環境の変化によって、事前に想定していた日照量を下回ってしまうなどのケースです。この場合、想定した売電収入が得られませんので発電事業者としては赤字になるケースも有ります。

 

また、再生可能エネルギーを利用して作成した電気の固定買取価格が低下する方向で進んでいますので、発電事業者が得る売電収入も併せて減少する傾向にあります。太陽光発電設備自体の価格も徐々に下がってはいますが、屋根を貸して得られる収益も今後下がっていく可能性を考えておいたほうが良いでしょう。

Comments are closed.