借りる側のメリット・デメリット

未使用の屋根を発電事業者に貸し出し、事業者は売電収入から賃借料を支払う事で屋根を貸す側にも借りる側にもメリットがある仕組みです。

 

借りる側のメリットとしては効率よく太陽光発電することができるということです。日射量の多い地域を選定して太陽光発電を設置するので、効率よく発電することができるのです。十分な発電量と収入を期待することができるということがメリットです。一番重要なポイントは設置する地域の選定です。選定する地域によって発電量が変わります。

 

メリットだけでなくデメリットもあります。デメリットは災害のリスクがあるということです。

 

そのリスクを最小限するためには台風などによる自然災害のリスクが大きい地域や豪雪地域などは対応エリアから除外するということです。

リスクを最小限にすることで長期間安心して太陽光発電することができるのです。

 

また発電量の違いも見極めなくてはいけません。せっかく設置したのに発電量が少なくては意味がありません。

 

ですので日射量が多い地域を選定することが大切です。個人では太陽光発電の設置にかかる料金は高額ですが、企業が借りることで日射量の多い地域で効率よく太陽光発電することができるのです。

Comments are closed.