マッチングサービスを利用する

太陽光発電を導入すれば売電収入によるメリットが期待できますが、いくつかの不確定要素が存在するのも事実です。そこで自らが太陽光発電システムを設置して売電収入を得るよりも、所有する建築物の屋根を発電事業者に貸し出して賃料の収入を得るほうが、将来の不安要素が少なくなり効率的だと考える人も少なくありません。

 

しかし屋根を発電事業者に貸し出すという事業はまだまだ一般的に認知されておらず、屋根を貸し出したいと思ってもどこの事業者に頼めばいいのかわからないのが現状です。そこで屋根を貸したい建物所有者と、屋根を借りたい発電事業者をつなぐ懸け橋として期待されているのがマッチングサービスです。最近では東京都をはじめとする一部の自治体が太陽光発電のさらなる普及を後押しするために、このマッチングサービスに取り組むようになりました。

 

このサービスはいわゆる仲介事業にあたります。ウェブサイトなどを通じて屋根を貸したい側と借りたい側を募集、登録することにより貸し手と借り手を円滑につなげることを目指しています。これらの自治体では単純に情報を提供するだけでなく、個別相談会やセミナーを開くなどしてマッチングの機会を増やす取り組みもしており、貸したい側も借りたい側も利用しやすい環境を整えようとしています。

Comments are closed.