貸す側のメリット・デメリット

太陽光発電は、住宅の屋根に発電設備でもあるソーラーパネルや、その他の設備機器を必要とします。
初期にかかる費用は高額あり、そう簡単に設置を行う事が出来る物ではありません。
また、設置をして元を取るためには、10年以上の期間が必要になるという事からも、導入を先延ばしにしていたり、あきらめている人も多いのではないでしょうか。

 

企業は、これに目をつけ、個人の住宅やビルやアパート、マンションなどの屋根を使い、そこに太陽光発電設備を設け、売電を行うと言うビジネスモデルを打ち出しているのです。

 

これは屋根を貸して、その屋根に太陽光発電設備を導入し、契約期間の中で企業に貸し出すと言うものです。
契約終了後の売電収入は全て自らの利益になると言うメリットがあります。
尚、太陽光発電設備の初期費用と言うのは、全て企業側が負担をするケースと、一部を負担するケースの2つの種類が有り、契約方法が異なりますので注意を要します。

 

契約期間は10年~20年であり、この間の売電収入は一部のみとなりますが、契約終了後は全額自らの収入になると言うメリットがあります。
その反面、契約を途中で解除することで違約金が必要になること、エリアが限られているなどのデメリットがあります。

Comments are closed.