自分で太陽光発電を設置するのとどっちが得なの?

東日本が大地震に見舞われ、原子力発電所が稼働しなくなって以降電力事情は一変しました。
震災直後に行われたような計画停電こそないものの、夏場は電力の利用率が90%を超える日もあり、それ以前から環境対策として注目されていた太陽光発電が、電気の供給源としても脚光を浴びるようになりました。

 

これに伴って、設置費用の補助や余剰電力の買取など、政策面でもさまざまな推進策が行われたほか、設置方法も従来の建物の屋根から、大企業によるメガソーラーの設置にまで幅が広がっています。
一般家庭の場合、設備投資を一括で支払い、後は倍で収入を得るほかに、最初の設備投資をローンでまかない、売電収入をローンの返済に充てていくことで設備投資の負担を軽くする方法がありました。

このほかに、震災以降DMMや楽天、ソフトバンクなどが行うようになったのが、屋根そのものを貸して賃貸収入を得る方法です。
屋根を貸すので、発電量による収入は設置した事業者に入り、住宅の所有者には定額の賃貸料収入が入ります。
設備の所有者は設置した事業者なので、メンテナンスなどの費用や、発電量の増減によるリスクもそちらにありますが、逆に発電量が多くても収入が増えることにはなりません。

 

損得という経済性は、その立地条件や気候条件による発電量でも違いますが、設備のメンテナンスのリスクなしに、社会貢献、非常用電源として太陽光発電を持つことができるのが屋根を貸すことの魅力です。

Comments are closed.