屋根貸しとは

太陽光発電設備を設置し管理する業者に対し、オーナーが、所有する建物の屋根を有料で貸すことを言います。

 

この場合、貸す側の建物のオーナーは、初期投資なくして、太陽光発電設備を設置されることによる賃料収入を業者より得ることができ、一方借りる側の業者の方は、発電した電気を電力会社に供給することにより、売電収入を得ることができます。そして、設置後、一定の期間が経過すると、設備の所有権も無償でオーナーに譲渡されるというケースも多くなっています。

 

貸す側、借りる側ともに一定の収入が得られることで、双方にメリットのある方式のように見え、今後太陽光発電設備の設置が進む切り札の一つと言えなくもないですが、実情としては、貸す側にとって、賃料はそれほど大きな金額でないことが多く、貸すメリットが薄れているのが現状です。

 

また、昨今の設置にかかる費用が以前ほど多額でなくなっており、10年程度で元が取れてしまうようにもなってきたため、業者に貸すよりも、オーナー自身で設備を設置、管理、所有することで、多少初期投資をしても、長きに渡って売電収入を得ることで元を取り、利益を自身で得る、という流れが主流となっています。

 

また、業者の方も、住宅にこまごまと設備を置くより、大きな遊休地を購入または賃借することで、メガソーラーと呼ばれる大規模な太陽光発電設備を設置するという方式が主流になってきています。